ギャンブルハウス

ギャンブルの歴史についての簡単な説明

ギャンブルの歴史は、さまざまな側面と要素に触れずにお話することはできません。この活動の本質を考えると、様々な法律、マフィア、カジノ、オンラインカジノ、そして最近ではビットコインについて触れられることがお分かりでしょう。そのことからも、この歴史がとても波乱万丈なもので、最後まで夢中になって読んでいただけることを確信しています。その中で、なぜギャンブルが法の規制を受けたか、またなぜそれが正しい方法だったのかもご理解いただけることでしょう。皆さんもわくわくしてきましたか?それではギャンブルの歴史について簡単にご説明しましょう。

確信

起源

ギャンブルの起源をたどる最良の方法は、ギリシャとローマ時代の陶器の背景を調べてみることです。動物への賭けが一般的であったことを図像に見る事ができますが、動物はまた生活の糧でもありました。それを別にすると、紀元前200年頃に中国の賭博場で「白い鳩の切符」が使われたのが最初であると考えられています。この活動は、賭博場が利益の一部の提供を約束した後に州知事から許可を得た事で可能になりました。

 

カードを使ってのゲームは、9世紀に中国で最初に登場したと考えられています。どのようなゲームであったかは知られていませんが、これらのカードは今日使用されているものと似たものであったようです。人間の姿が描かれ、ヨーロッパに広まるにつれて、キングとクイーンの姿を取るようになりました。このように、ギャンブルは人々の要求に応じ、時代とともに大きく変化してきました。やがてカジノが登場し、17世紀に最初のカジノまたは賭博場がイタリアに登場しました。統制が可能な完備されたギャンブル環境を提供するために設立されたものでした。ルーレットのようなゲームは、フランスからの開拓者のおかげでアメリカにも到着し、ミシシッピ川に浮かべた蒸気船が人気のある賭博場となったのです。

物凄い勢いで人気を得たため、世界中の人がその存在に注目するようになりました。もっと工夫を凝らしたものを作りたいと考える人が現れ、それにより業界に革新がもたらされました。これは、シットマンとピットが最初のギャンブルマシンを開発したときに、ニューヨークで最初に目にされることとなります。時間の経過とともに、1976年には最初のビデオスロットが資金を得て作られました。

最初に目

結論

「イノベーション」という言葉には限界がありません。このイノベーションのお陰で、オンラインカジノやその他の様々な施設が可能となりました。シットマンとピットの発明からビットコインの登場まで、確かにギャンブルは長い道のりを歩んできました。積極的な改革が行われ、ギャンブルが世界の舞台を席巻するためのすべての準備が整ったのです。